新築住宅|外断熱工法の木造住宅 システムホーム21

新築住宅

こだわりのお住まいをつくるサンウッドでは、多様なプランでお客様の想いをベストな”カタチ”に致します。

 

建物・自然・エネルギー そして人へ つくりだすのは、やさしい調和
システムホーム21
サンウッドの家づくりでは高性能の断熱材で家の周囲をすっぽりと覆う外断熱工法を採用。

外気から影響を受けにくく、夏涼しく、冬暖かい住まいとなり一年中快適な温度で過ごすことが可能です。

また、冷暖房の負荷か減るため省エネにもすぐれた住まいです。さらに24時間換気システムで

常に新鮮な空気を室内へと循環させる健康的な住まいです。

また、太陽光発電やオール電化住宅なども合わせてご提案。人にも建物にも環境にも家計にもやさしい理想的な住まいを作ります。

外断熱工法が実現するいつでも快適な「魔法瓶の様な家」
一年を通じて家族の健やかで快適なくらしを維持するためには、家全体を均一な温度環境にすることが最良の方法
そう考え開発されたのが外張断熱工法の技術。 その技術を生かし理想的な形に実現しているのがサンウッドの家です。
外断熱工法の技術とは、今まで1~2部屋しか暖めることのできなかったわずかな暖房費で家全体を暖めてしまうという優れ た技術。その原理を一言で説明すると、
家を魔法瓶のように断熱材と気密層ですっぽりくるんでしまい、外側と内側をハッキ リ区別するというものです。
サンウッドは、20 年以上前から外張断熱を採用していました。
年間の冷暖房費を一般住宅にくらべ約 30%減少(当社調べ)が可能で、わずかなコストで全室 24 時間冷暖房を実現します。

経時断熱性能に優れた
高性能硬質ウレタンフォーム

家の寿命にも、
住む人の健康にも影響する
結露の発生を軽減。

湿気や汚れた空気を外に排気。
家の中に流れるのは、
いつも新鮮な空気。

夏も冬も快適。
温度のバリアフリーを
備えた家造り。
システムホーム21

ベタ基礎(基礎断熱仕様)
ベタ基礎は建物の底面積全体を耐圧盤として設計され たものをいいます。 接地面積の増加による地盤の荷重負担が減り、基礎全 体の剛性が高まります。基礎ベースの下に湿気があが らないように防湿シートを施しています。 ※基礎断熱を採用することにより、床下も室内と同等 な環境にすることができます。一般的な住宅で採用さ れている床での断熱工法に比べて、基礎までも断熱材 で囲うことにより、基礎のコンクリートまでも外気に 影響のない状態にできます。

根太レス工法の床組み
根太を設けず横からの水平力に抵抗させるために、厚 みのある床下地構造用合板(28mm ) を用いた床組みです。 地震や台風等の横からの外力に対して、建物全体のゆ がみを抑えるのに有効です。耐力壁同様、住まいに加 わる力を点ではなく、面全体で受け止めることで耐震 性が向上します。

頑丈な構造
梁と柱を使用する軸組工法の外周部全体に、構造用合 板で頑丈な外殻を作る面構造を標準としています。床 で使用する 28mmの構造用合板と組み合わせることによ り、水平と垂直それぞれに強い面構造となります。 梁と柱を使用する軸組工法は、将来的な増改築や間取 り変更に適しているといえますし、外殻の面構造は耐 震性に優れており地震や台風にも強いので、様々な意 味で長持ちする構造となっております。

屋根断熱工法
一般的な天井裏に断熱を敷き詰める天井断熱ではなく、屋根勾配に沿って断熱材を施す屋根断熱工法を標準としております。屋根断熱工法は屋根部分で外部からの 断熱とするため、小屋裏(ロフト)・吹き抜けを室内 と同様な環境にすることができます。 小屋裏(ロフト)・吹き抜けが容易に作れ、空間を有 効活用できます。

外部通気層
写真のように、外壁と断熱材の間に通気層を設ける事により、壁体内の湿気を外部に放出する事ができます。
壁体内結露を軽減させる事により、 家の耐久性を向上する事につながります。
地震に強い住まい
サンウッドの家は、もしもの地震に対して、設計と 構造の高い耐震性で、住まいの損傷を最小限に抑えることを考え た住まいです。
※耐震等級 3 基準:震度6強から7程度の1.5倍の地震力に対して倒壊しないこと
省エネルギー性の高い住まい
サンウッドの家は、地球温暖化防止のために住まいの省エネルギーを高める高気密・ 高断熱を基本性能とすることで、国土交通省の定める省エネルギー対策等級4技術基準と次世 代省エネルギー基準に適合した住まいです。
●C値試験基準 1.0cm /m²以下の高気密性
 C値とは建物の隙間相当面積のことをいいます。C値が小さければ小さいほど建物の気密性能が 良いということになり、
 次世代省エネ基準の約5倍の気密性能があります。 ※システムホーム21のC値試験基準は1.0cm /m²です。
 実績としては0.7cm /m²以下をクリアしています。
●室内温度差を小さく
 しっかり断熱気密化された住宅では、部屋と部屋、床と天井付近の温度差が小さくなり、室内が快適な環境に保たれます。
ウレタン吹付け断熱仕様
住む人と環境にやさしい住宅をシステムホーム21よりも低価格でご提案
①硬質ウレタンフォームの特性を生かし水を使って発泡させます。
オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない、地球にやさしい断熱材です。

②住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹き付け発泡による断熱工法
住まいの大敵である壁体内結露を抑制する事により建物の耐久性を高め、優れた断熱性を維持させます。 施工に時間もかからず、手間もかかりません。

③ウレタン吹付断熱は繊維系断熱材にない自己接着力を持っています。
木材の経年変化にも対応しやすい性質です。硬質ウレタンフォームは隙間なく充填するため、住まいの大敵とされる壁体内結露を抑制します。また、自己接着力を有する為、下がってしまう心配がありません。

Copyright © SUNWOOD Co.,Ltd. All Right Reserved.